丸高興業株式会社

丸高フィロソフィでお客様の満足・信頼に応える

明治維新を経て、近代ニッポンが確かな足取りで歩み始めた大正時代。木造家屋がほとんどで、都心にほど近い下町においても材木商が軒を並べていた大正6年3月13日、当社の創業者高畠信一郎が、現在の神田淡路町で丸鋸などの刃物類を扱う個人輸入商として創業してから満100周年を迎えることができました。これもひとえにお客様を始め仕入先様、従業員各位並びにご家族の皆様のご支援、ご愛顧の賜物と深く感謝申し上げる次第でございます。
当社の歴史を振り返りますと、鋸を回転させるゴムベルトを入口として、その後各種ゴム製品を扱うようになり、さらに社会の発展とともに登場した各種樹脂製品、化成品など、時代とともに業容を拡大してまいりました。
創業者および二代目社長高畠亨は、「信義・信頼・粘り強さ・闘争心」を掲げ、創業以来、お陰様をもちまして当社は堅実に業績を伸ばしてまいりました。三代目社長の私はこの度、新たな時代を見据えて会社の指針となる「丸高フィロソフィ」を策定致しました。これを基に今まで以上にお客様のご要望に最適な製品をお届けし、お客様のご満足・信頼にお応えして参る所存でございますので、何とぞ従来に増してご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。
2017年8月吉日

代表取締役社長 高畠光敏

経営理念・使命

丸高興業の経営理念は全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類・社会の進歩発展に貢献することです。私たちが目指す物心両面の幸福とは、経済的な安定や豊かさを求めると同時に、仕事場での自己実現を通して生きがいや働きがいといった人間としての心の豊かさを求めていくものです。また私たちは永続的に改善を続け社会の進歩発展に貢献するとともに会社として利益を上げ続け、多くの税金を納めることなどを通じて公共福祉の増進にも貢献していくことを誓います。

丸高興業の使命はステークホルダー(お客様・仕入先様・そして日頃関わる全ての人)の夢をかなえる会社になることです。

営業日カレンダー